ダイカスト鋳造技術を有し、得意先の仕横に的確に対応。金型製作から加工完成までのー貫生産。

山下金属工業株式会社

お問合せお問い合せ

電話0493(24)3255

会社案内

弊社は昭和41年9月創業以来、ダイカスト専門メーカとして、金型設計・製作から鋳造・加工までユーザーのニーズに答え、より安心できる品質の製品を提供しています。量産前の試作においては木型鋳物・石膏型鋳物等、短納期で対応可能です。
昭和58年にはグラピティ一部門を増設し、自動化による生産合理化とコストダウンを図り、主に自動車向けを中心に順調に生産を伸ばしてきました。また、取引先の自動車メーカーからの重要保安部品取り扱いの指定を受けており、品質保証については特に力を入れた管理を行っています。(グラビティー課、廃止)

  1. ダイカストの鋳造技術を有し、得意先の仕様に的確に対応
  2. 金型製作から加工完成までの一貫生産
  3. 多品種少量生産に対応し、得意先のニーズに応えた短納期管理

生産の特徴
当社は一般アルミ、亜鉛合金ダイカスト、事業を運営しています。ダイカストは金型製作、鋳造、加工までの一連の流れ生産を行い、デイリー生産、デイリー納入を行うため極小ロットでも対応しております。

会社概要

会社名 山下金属工業株式会社
所在地 埼玉県東松山市新郷88番29号(東松山工業団地内)
TEL 0493(24)3255(代表)
FAX 0493(24)3572
資本金 17000千円
設立 昭和41年8月(東京都)
創業 昭和41年9月(埼玉県)
役員 取締役会長 山下 潔
代表取締役 山下 信之
工場長 小松 寛
従業員 管理者 5名 / 技術者 5名 / ダイカスト 5名
加工検査 5名 / 事務員 2名 / 合計25名
工場 土地l 1,816平方メートル 事務所工場 1,206平方メートル
社宅 353平方メートル 建物17平方メートル
取引銀行 中小企業金融公庫 / 武蔵野銀行東松山支店
事業内容 ダイカスト工業及び付帯する一切の事業
遮熱工法事業 / ブルーシート接手販売
主なる得意先 ボッシュブレーキシステム株式会社
クノールブレゼム商用車システムジャパン株式会社
ユニシアジェーケーシーステアリングシステム株式会社(日立)
三輪精機株式会社 / 岩崎電気株式会社
三愛電機株式会社 / 大洋無線株式会社
ニイガタメーソン株式会社  株式会社東京理工舎
株式会社アイ・ライティング・システム / 山下ゴム株式会社
鈴茂器工株式会社 / その他15社
主要仕入れ先 昭光通商株式会社(昭和電工株式会社)
糠加金属株式会社
加藤鋼材株式会社
(株)日米

会社の沿革

昭和41年8月 会社設立 資本金100万円
本社 東京都板橋区
工場 埼玉県川口市
昭和42年8月 本社移転 埼玉県川口市
昭和42年9月 資本金200万円
昭和45年4月 坂戸工場設立 埼玉県坂戸市
昭和45年9月 資本金400万円
昭和51年3月 亜鉛ダイカスト品質証明制度適用工場(日本ダイカスト)
昭和52年3月 東松山工業団地用地取得(埼玉県東松山市)
昭和53年11月 資本金500万円
昭和54年10月 資本金600万円
昭和55年10月 資本金700万円
昭和56年9月 本社工場移転 埼玉県東松山市
昭和62年3月 グラピティー課 新設
昭和62年10月 ロストフォームプロセス技術提携
米国ARCO CHEMICAL CO(株)クロス
昭和63年1月 資本金1,000万円
平成元年9月 ロストフォーム専用工場設備導入(第3工場)
平成元年12月 HVCS350t導入
平成2年4月 埼玉県標準工場に指定される
平成3年5月 グラビティー課設備更新
平成8年2月 資本金1,200万円
平成9年2月 資本金1,500万円
平成10年2月 資本金1,700万円
平成11年5月 HVCS350t全自動機に改造する
平成12年1月 中小企業経営革新支援法第4条、第3項の規定に基づき承認される。
埼玉県知事(57号)
平成12年2月 ロストフォーム事業商権売却
平成16年7月 HVSC350t機売却(鋳造希望あれば紹介可)
平成20年4月 グラビティー設備撤去。(鋳造機4台、ホーメル溶解炉、T-6熱処理設備、各一式)
平成20年5月 135t全自動ダイカストマシーン(東芝)及び全自動溶解炉を導入
平成22年8月 ホーメル溶解炉一基、入替え
平成22年10月 ISO 9001認証取得
平成22年12月 遮熱工法取扱い(詳しくはこちら
平成26年9月 ブルーシート接手製作販売